アオボシ輝画 マガツハナ -白雪の桜-

マガツハナ -白雪の桜-

2019年
11月2日 (土) - 4日 (月・祝)
会場 六行会ホール

チケット&
スケジュール

人と狐が織りなす愛、連綿と続く悲しみの縁

ニュースNEWS

はじめにINTRODUCTION

PHスクリーンを使って、
日本の美しさ表現
今までにない新しい舞台


PHスクリーンとはNexyz. Wonder Wal が開発した特殊フィルムに映像を投影する3Dホログラムです。
映像を投影することにより、リアルと映像が組み合わさり、SF映画のような世界が体験できます。
朗読劇『マガツハナ -白雪の桜-』は、朗読劇でありながら、季節の美しさを視覚でも楽しめる舞台です。

※令和元年に新宿御苑で行われた政府初の夜桜イベントの様子

また、各回で舞台の内容が一部異なり、ヒロイン「和花」「浅黄」「虎徹」3つのルートがある為
何度観ても楽しめる内容となっています。

ストーリーSTORY

オウマガトキ、それは昼と夜が移り変わり、
現世と常世が交わる瞬間

17歳の外村和花は冬休みに母親の実家を訪れていた。
そこでは狐が神として祀られ、神への感謝としてお祭りが行われていた。

この島では人と狐が暮らしており、
狐を『神』として崇める一方で、『邪』として狩る者たちもいる。

祭りを楽しんだ和花は帰り道、奇妙な世界に迷い込み、そこで1人の狐と出会う
「災いをもたらす者、お前は要らない、消えろ」
狐が和花を消そうとした瞬間、大切にしていたお守りの鈴が鳴る…

「どこに行ったって、必ず迎えに行くから」

和花を救ったのは、狐の面を付けた1人の青年だった。
彼を通して明かされる主人公の秘密と、
人間と狐の間で繰り広げられる恋愛や闘争を描いたサスペンスロマンス。

キャスト&スタッフCAST& STAFF

さらに詳しく

クラウドファンディングCROWD FUNDING

デジタル技術を使った、
新たな朗読劇に挑戦

従来の朗読劇と言えば、役者が台本を持って声だけで物語を想像して楽むため
少し敷居が高い、難しそうというイメージがありました。

そんな中、少しでも多くの方に朗読劇の面白さを知ってもらうために
朗読劇『マガツハナ -白雪の桜-』はPHスクリーンと呼ばれる3Dホログラムを使用し、
耳だけではなく、視覚でも楽しめる朗読劇を考えました。

『マガツハナ -白雪の桜-』では応援してくださるサポーターを募集しております。
ぜひ私たちと一緒に朗読劇を盛り上げましょう!

  • 最前列S席チケット最前列S席チケット
  • 描きおろし似顔絵描きおろし似顔絵
  • ゲネプロ観覧ゲネプロ観覧

今回、朗読劇を支援くださった方々に、ささやかながら返礼品をご用意させて頂きました。
ぜひご支援の程よろしくお願いいたします!

さらに詳しく

スペシャル ボイスドラマSPECIAL VOICE DRAMA

朗読劇『マガツハナ -白雪の桜-』のアナザーストーリー
『マガツハナ -銀光の楓-』

若宮尚緒は島で暮らす、ごく普通の高校生。
ひたむきに努力を続けるが、島民やクラスメイトからは「会長の息子」としてしか見てもらえず、
母親からも努力を認めてもらえず、思い悩んでいた。

そんな尚緒の心の支えは銀杏という狐の神様だった。
尚緒は何でも受け止めてくれる銀杏を頼り、銀杏もまた尚緒を愛おしく思っていた。

ある日、尚緒は新任の女性教師に恋をするが、自分の恋が実らないことを知り、銀杏にすがりつく
「先生は僕だけを見てくれればいい…、先生の意思なんていらない…」
「わかった。尚緒の苦しみ、全部私が吸ってあげるね」

銀杏:白石涼子 若宮尚緒役:高梨謙吾

毎週日曜22:00配信/全5話

さらに詳しく

グッズGOODS

  • Coming SoonComing Soon
  • Coming SoonComing Soon
  • Coming SoonComing Soon

その他、オリジナルグッズもBOOTHにて販売中!

BOOTH

アクセスAccess

会場
六行会ホール
サイト
https://www.rikkoukai.com/
交通アクセス
【住  所】
〒140-0001 東京都品川区北品川2-32-3
【交通機関】
京浜急行品川駅より普通電車で2駅目
新馬場駅北口より 徒歩約3分

チケットのご予約・スケジュールはこちら

さらに詳しく